大手より断然安い!くらしのマーケットを利用した引越し方法を紹介!

おつかれさまです。あきおです。

引越しそれは人生を大きく左右するイベント。先日2回目の引越しをしました。1回目は実家からの引越しで、洋服など最低限のモノだけで済みました。

2回目も洋服だけで済めばよかったですが…。

あきお
大型家具、家電が一人で運べない。

ここ1年間で、デスク、ベッド、ゲーミングチェアなど散財してきたツケが回って来ました。

大手の引越しサービスを検討するも値段が高く、もっと安くする方法はないかと探しました。そこで、見つけたサービスがくらしのマーケットの格安引越しでした。

実際に利用してすごく良いサービスだったので、今回はくらしのマーケットを知らない方に向け、どう利用するかまとめていきます。

くらしのマーケットの格安引越し

格安引越しとは、くらしのマーケットを通じて、大手以外の引越し会社を利用できるサービスです。大手を利用した時の半分ほどの価格で引越しができます。

あきお
大手引越し会社の見積額が35,000円でした。格安引越しは21,000円だったので迷わず利用しました。

先に言っておくと、大手引越し会社の場合、2トントラックで作業員2名です。格安引越しの場合、軽トラックで作業員1名なので効率を重視する方は大手の方が良いかもしれません。

格安引越し利用方法

01_引越し情報を入力する

くらしのマーケットから格安引越しを選択し、以下を入力します。

  • 現住所
  • 引越し先
  • 荷物の個数
  • 作業員(2名 or 1名)
  • 希望日

現住所と引越し先の距離で価格が変わってきます。東京都内の引越しであれば2万円前半で引越しできそうです。

あきお
東京都港区から北海道網走市にしたら30万円くらいでした。

02.対象サービスを選択

どの引越しサービスを利用するか選択します。価格に大きな差はないため、レビュー、人相に重きを置いて選びました。

単身引越しの場合、「1 on 1」で接することになるのでなるべく歳が近く会話が合いそうな方を選びました。

予約画面に進むと、エレベータの有無を入力します。

あきお
エレベータのない物件だと1階上がるごとに2,000円追加されます。

最後に、希望を入力し仮予約完了です。ちなみに、支払いは現金のみとなるため、引越し完了後渡します。

03.予約完了

引越しサービスの方からメッセージが届くので、荷物とオプションを付けるか等を決定し、日程と料金を確定させます。

あきお
オプションには自分ではできないため、ベッド解体・組み立てを付けました。

別途、当日どこに停車してもらうかなどメッセージでやりとりしました。

これだけで予約完了です。アプリ上で全てが完了してしまうため、すごく楽な引越しだったと感じます。

まとめ

当日担当してくれた方に話を聞くと、引越しサービスの方はもともと大手引越し会社にいて、独立した方がほとんどらしいです。そのため、引越しのノウハウは大手と全く同じです。

あきお
安心して任せられますし、値段も格安なので機会があればまた利用したいです。

引越し先に移動中、担当の方が「引越しは私にとって天職です。」と言った言葉が今でも忘れらません。

私はシステムエンジニアをやっていますが、この仕事が天職なのかはもう少し期間を経てから語りましょう。

それでは、おつかれさまでした。

くらしのマーケット公式
くらしのマーケット公式
くらべておトク、プロのお仕事。