システムエンジニアに転職したい人の為に1日のタイムスケージュールを紹介

おつかれさまです。あきお(@akio_furutimes)です。

今回は、運用・保守エンジニアとしての1日を紹介していきたいと思います。

システムエンジニア(SE)として丸3年働いております。現在の業務内容としては、自動運転システムの一部機能(地図配信)を運用・保守しています。

開発経験は1年、運用・保守経験は2年あります。

転職の際に参考にしていただければ幸いです。


システムエンジニアの私がなぜブログを運営しているか。気になる方は是非!

あわせて読みたい

FURUTIMES(フルタイムズ)の経緯と編集長について興味があるとはかなりの変わり者ですね。 あきお 編集長のあきお(@akio_furutimes)です。調子に乗ってしまいすみません。。いつもご覧いただきありがとうご[…]

1日のタイムスケジュール

私のとある日の1日のタイムスケジュールは次のようになっています。

作業項目 時間
出社 9:00
メールチェック・作業確認 9:10
課題対応 9:30
進捗定例会議 11:00
昼飯 12:00
リリース作業 13:00
エビデンス整理 16:00
夕会 17:30
退社 18:30

運用・保守のシステムエンジニアの主な作業は、障害発生時の対応と改修後のリリース作業です。

この2つの作業に多くの時間を費やしています。
運用面:障害対応、保守面:改修してリリースですね。

次にタイムスケジュールに表した個々の作業項目に関して、具体的な作業内容をまとめていきます。

作業内容

出社

09:00

スーパーフレックス制(コアタイム無し)の会社に勤めていますが、9時前には席に着いています。集中できる午前の時間を有効的に使う為です。フロア全体でも9時頃に来ている方が多い印象です。

フレックスは残業調整など、どうしようもない時に使っています。

メールチェック・作業確認

09:10 – 09:30

アラートメールをチェックしています。主に、深夜に稼働するジョブが正常稼働していることを確認します。

次に、本日実施する作業を分類します。午前は頭を使う報告書作成など、午後は手を動かすだけ良いリリース作業などに分けています。

午後は作業効率が落ちてしまうため、午前中に難しい仕事を優先して行います。

課題対応

09:30 – 11:00

運用面の課題対応と言えば運用コストの削減です。担当システムはAWSで構築されている為、AWSの費用をいかに削減できるかが今の課題です。

そのような課題対応をこの時間帯で行います。最近では、Lambdaを使ったEC2インスタンスの自動起動/停止の対応を行いました。


このように調査した内容をブログにアップしています。

あわせて読みたい

おつかれさまです。あきお(@akio_furutimes)です。 AWSのEC2インスタンスを自動で起動・停止できたら便利ですよね。一々手動で行うとコンソールにログインし、インスタンスを選択して、起動 or 停止するので手間がかか[…]

進捗定例会議

11:00 – 12:00

週一回で顧客との進捗定例会議があります。報告内容としては、課題に対しての進捗報告やサービスの稼働状況を報告します。

最近はTeams会議が多いので、言葉の説明がなくてもわかる資料の作成を心掛けています。

何度やってもテレカン(*)は難しいです。*テレフォンカンファレンスの略

昼飯

12:00 – 13:00

午後も集中力をキープするために持参した高タンパク質の昼飯を食べています。

タンパク質が不足すると、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質がつくり出せなくなり、集中力ややる気の低下を招きやすくなるためです。


持参する昼飯は次の記事で紹介しています。

リリース作業

13:00 – 16:00

事前に作成したリリース手順書に沿ってリリース作業を行います。もしリリース手順書にない作業が発生する場合、切り戻し(*)が必要になります。

リリース内容としては資材の入替え監視設定の追加など多岐に渡ります。リリース自体は手順書に沿って行うので難しくありませんが、リリース手順書の作成が難しいです。

実行するコマンド、そしてコマンドによって発生する事象を全て洗い出して手順書を作る必要があるからです。

予期せぬ作業によって誤作業を行わないようにします。

*リリース前の状態に戻す作業

エビデンス整理

16:00 – 17:30

リリース時のエビデンスを整理します。次回のリリースに役立つようにエビデンスを整理しておきます。WindowsOSの為、画面キャプチャでエビデンスをまとめています。

LinuxOSであればログを残せば良いので楽ですよね。

夕会

17:30 – 18:00

作業の進捗をチームメンバーで共有します。夕会を設けることで作業終わりを意識できます。

ダラダラと作業しないように、毎日進捗報告をしています。

退社

18:00 – 18:30

残作業を少し行って退社します。帰宅後にTwitterやブログを投稿しています。

まとめ

運用・保守エンジニアの難しいところはモチベーションを維持することです。アラートメール確認など単調な作業が多いことが原因です。

顧客との関係を良好に保ち、システム改修をどんどん提案していきましょう。それがモチベーションの維持に繋がると感じています。

どんな仕事でも面白くするのは自分次第です。どんな分野でもやりがいを見つけて成長をしていくことが大切ですよ。

それでは、おつかれさまでした。


運用保守エンジニアのバックパックの中身も合わせてチェック

あわせて読みたい

おつかれさまです。あきお(@akio_furutimes)です。 エンジニアは何かと管理作業が多いですが、次の3つが必要不可欠なスキルだと思っています。 フォルダの管理 生活習慣の管理 リュックの中身管理 […]

この記事が気に入ったらフォローしてね!