FURUTIMES 毎週土曜 (20:00) 更新中

セメントのレシピまとめ!あなたも毎日最高のコンディションを保てる

おつかれさまです。あきおです。

今日は毎日バキバキのコンディションを保てる筋トレ飯をご紹介します。

コンビニでも購入できる「ササミ」や「ソーセージ」などは、タンパク質が多く含まれており筋トレ飯に最適です。

しかし、1つでお腹いっぱいにはならず、毎度買っていれば出費がかさみます。

あきお
自宅で簡単に作れたらいいですよね!

そんな希望を叶える、炊飯器を使った筋トレ飯「セメント」のレシピをまとめていきます。

セメントとは

筋トレ飯を発信しているYouTuberのマックスグリルさんをご存知ですか?

「沼」、「マグマ」など炊飯器で作る筋トレ飯を紹介しています。

その第三弾として紹介されたメニューが「セメント」です。名前からして白くトロミがあるメニューであることが想像できますね。

あきお
ネーミングセンスどうなってん!

マックスグリルさんのセメントレシピ動画

セメントのレシピ

5合炊き炊飯器用のレシピをまとめていきます。公式のレシピから少し変更を加えています。

  • 米:1カップ
  • ブロッコリー:1個
  • 鶏むね肉:300g
  • 玉ねぎ:半分
  • レタス:半分
  • 白だし:150ml
  • 水:5合炊きの目盛り線まで

お釜にすり切り1杯の米を入れます。無洗米を使うことで米を研ぐ時間を短縮しています。

ブロッコリーは全部使います。つぼみ、茎、葉をそれぞれ分け、1口サイズにします。

玉ねぎはみじん切りしていきます。

レタスは千切りしていきます。

レタス、ブロッコリー、玉ねぎ、鶏むね肉と順番にお釜に投入し、白だしを150ml入れていきます。

最後に5合炊きの目盛りまで水を加えていきます。

あきお
冷凍した鶏むね肉もほぐれますので、カチカチのまま入れちゃいます。

米を炊き、あとは完成まで待つだけです。

セメント完成

米が炊けたらかき混ぜて30分ほど保温状態で待ちます。

保温にしておくと鶏むね肉も簡単にほぐれます。

食べた感想としては、蒸鳥の香りと風味がご飯に染み渡っていて、「ウメェー」って感じです。

芯まで柔らかくなったブロッコリとレタスがご飯と混ざり合い、何杯でも食べられる優しい味になっています。また、白だしをたっぷり入れているため、和食のような味わいです。

私は夜ご飯の分をお釜に残し、他はタッパに入れて冷凍しています。この栄養たっぷりのセメントをお弁当として毎日食べています。昼代もうきますし、美味しい筋トレ飯が食べれるためランチ休憩がいつも楽しみです。

まとめ

セメントは簡単なレシピでありながら、栄養豊富な筋トレ飯です。

筋トレをしていない、一人暮らしのサラリーマンにもおすすめだと思います。

包丁を使う工程が少ないですし、何よりフライパンを使わないことが楽です!

お近くのスーパーで簡単に揃えられる食材なので、あなたも是非チャレンジしてみてください。

以上、ありがとうございました。