MENU
あきお
神奈川県生まれの26歳。現在は横浜在住。システムエンジニアとして働く傍ら、本ブログを運営しています。「ゆとりのある暮らしを見つける」をテーマにインテリアやガジェットのアイテムをご紹介。
Amazonブラックフライデーのおすすめグッズはこちら!

ABOUT

FURUTIMES(フルタイムズ)をご覧いただきありがとうございます。運営者のあきおです。

このページでは、当ブログを始めた経緯や概要、運営者(@akio_furutimes)のプロフィールについてまとめていきます。

FURUTIMESについて

システムエンジニアという自身の経験から、技術を発信したいと思い立ち2020年5月に『FURUTIMES』を開設しました。

AWSの技術を中心に発信をしていましたが、デスクツアーやガジェットを紹介する中で『暮らしにまつわる発信』をした方が楽しいことがわかり、『ゆとりのある暮らしを見つける』をテーマにガジェット・インテリアのアイテムを発信しています。

基本的に自身が気に入ったモノだけを発信していて、見てくれた方に少しでも役立つ記事の作成を心がけています。『ゆるミニマリスト』な一面があり、多くのモノは所有しておりませんが、1点1点強いこだわりを持っていますので、そこを伝えていければと思います。

投稿頻度は『月3〜4回』です。週末を中心に更新していますので、楽しみに待っていてください!

ブログ名の由来

FURUTIMES(フルタイムズ)というブログ名は、自動車メーカーのTOYOTAが運営するメディア『トヨタイムズ』が由来となっています。

ブログ名には意味があると思いますが、フルタイムズは”自身の経験を積み重ねる”意味を込めています。

  • フル:私の名前の一部
  • タイムズ:時間;期間;~回

おすすめしたい記事3選

数ある記事の中でも特におすすめしたい記事。ぜひ読んでみてください。

運営者について

  1. 青森県出身(現在:26歳)
  2. 神奈川県横浜市育ち
  3. 運用・保守エンジニアとして従事
  4. 社会人5年目に転職
  5. インフラエンジニアとして設計・構築に従事

システム開発や運用・保守に携わる傍ら、月間約2万PVの個人ブログ『フルタイムズ』を運営中。仕事ではJavaやAWSの技術を活用していて、ブログとは全く異なる分野で働いています。

5年目の11月に初めての転職を経験。これまで身に付けてきたAWS等のインフラの知識を活用して、インフラエンジニアに転職しました。慣れない環境に四苦八苦しながらも刺激の多い毎日で楽しく過ごしています!

ブログを始めたきっかけ

学生の頃はmixiやアメブロに興味がなかったので無縁の世界だと思っていましたが、社会人2年目のときにブログを一緒にやらないかと友人に誘われたことがきっかけです。

『何かを発信したい』という漠然とした思いがあったんですが、ずっと一歩を踏み出せなかったので、良い機会だと思って誘いに乗ることにしました。

2019年10月〜2020年4月まで友人とブログを運営しました。総記事数は200記事を超えていたと思います。記事を書く中でお互いに書きたい分野が明確になり、2020年5月に各々別のブログを開設しました。そして現在に至ります。

かなりザックリですが、経歴をまとめると以下の通りです。

  • 2018年4月
    • 社会人1年目として働き始める
  • 2019年9月
    • 友人とブログ開設
  • 2020年5月
    • 個人でブログ開設

普段の生活

友人とブログを運営していたときは『シェアハウス』をしていましたが、今は一人暮らしをしています。

平日は9-18時で労働後、スーパーで惣菜などを購入して、ご飯を食べながらNetflixでアニメやドラマを見ています。

休日はブログ更新のために一日中家で文章を書いていることもありますし、気分転換にカフェで作業することもあります。

最近は太ってきてしまったので体を動かすため、個人フットサルに参加したりしています。小中高とサッカーをしていましたが、学生の頃のように体を動かせなくてもどかしい気持ちになります。

ブログはそうならないように継続し続けたいと思っています。

ブログ運営の目標

ブログ1年目、2年目と目標を掲げていましたが、現在は年内に月間5万PVを目指しています。

SEOだけでは達成できない目標だと思いますので、TwitterやInstagramの運営にも力を入れていきます。両SNS共に1,000人のフォロワーを達成することが小目標です。

SNSは週3ペースで更新していますので、ぜひチェックしてもらえたら嬉しいです。

最後に

こんな感じのフルタイムズですが、今後ともよろしくお願いします。

あきお

それではブログでまた会いましょう!