【α6400】写真をMacBookに転送する方法【これがおすすめ】

α6400から直接MacBookに写真を転送する方法。そんな方法があったら知りたいですよね。

あきお
25歳システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。カメラ歴20日の初心者がまとめていきます。

この記事でα6400からMacBookへ写真を転送する方法、どんなアイテムを購入すればいいかじっくり検討できます。

いつだって何かを始めるのに遅すぎることはない!

今までのMacBook転送

ソニー公式から発表されている、α6400からMacBookに写真を転送する方法は2つあります。

  • PlayMemories HomeでMacBookに転送
  • Imaging Edge Mobileでスマホを経由してMacBookに転送

PlayMemories HomeでMacBookに転送

PlayMemories Homeは、ソニーが提供するMac用の写真・動画管理ソフトウェア。簡単にカメラから写真をアップロードできるみたいです。

ただ、起動しようとするとデベロッパがアップデートしないと動かないと表示されます。

macOS Big Surを使っていますが、ソフトウェアがこのバージョンに未対応だと思われます。

あきお
公式が使えないだと…。スマホを経由してみよう。

Imaging Edge Mobileでスマホを経由してMacBookに転送

Imaging Edge Mobileは、ソニーが提供するスマホ用の写真・動画管理ソフトウェア。α6400とスマホをネットワーク経由で同期させ、スマホに写真を取り込みます。

それをAirDropでMacBookに転送します。

写真は転送できるけど手間がかかります。α6400本体がないと同期できません。

あきお
本体がない時でも写真整理する方法はないかな。

これからのMacBook転送

  • サードパーティ製のアイテムで直接転送

AnkerのUSB-C 2-in-1 Card Readerを使います。MacBookのUSB-C端子に差し込み、microSDとSDカードを読み取れます。

SDカード内の写真や動画を簡単に操作できるので、作業効率が上がりました。

サイズ感はどうか?

  • サイズは非常にコンパクトで5cm程度

5cm程度の大きさなので、持ち運びが楽チンです。

指で持った感覚としては、学生の頃に使っていたUSBメモリに近いです。

サイドにはmicroSDSDカードの差込口があります。

あきお
サイズがコンパクトで、ミニマム感があって個人的に好きです。

MacBookとの相性はどうか?

スペースグレーのMacBookを愛用中。同系色なので、差し込みながら使用しても違和感はありません。

SDカードを差すと、MacBookの片側の端子は使えなくなります。色んな端子を使う人は、後述する7-in-2がおすすめです。

価格はどれくらいか?

  • 1,599円(税込)

このような製品として妥当な価格だと感じます。

Ankerはモバイルバッテリーやライトニングケーブルなどの”充電“のリーディングブランド。そのため、端子の製品は信頼性があると感じています。

どこで購入するのがおすすめ?

最安値のAmazonか、ポイント還元率の楽天か悩みどころ。個人的な考えはこちら。

  • 楽天スーパーセール時は楽天
  • それ以外はAmazon

私は楽天スーパーセール時にUSB-C 2-in-1 Card Readerを購入し、807ポイント還元できました。

セール時は通常時よりも定価が高くなる傾向がありますが、還元率を加味すればAmazonより安く買えるので、おすすめです!

他のおすすめ商品は?

  • Anker PowerExpand Direct 7-in-2

Anker PowerExpand Direct 7-in-2もおすすめです。microSDとSDカードに加え、HDMI、USBも接続できるようになります。

差し込むだけで、MacBookの端子が拡張できるので、色んな端子を使う方に丁度良い製品だと感じます。

個人的には、携帯製がUSB-C 2-in-1 Card Readerと比べて劣るのと、HDMIとUSBは使用しないので、USB-C 2-in-1 Card Readerの方が好きです。

まとめ

AnkerのUSB-C 2-in-1 Card Readerを使うことで、MacBookに直接写真を転送できるようになります。

こういうちょっとしたアイテムを活用することで、暮らしは改善できることが多いですよね。

引き続き色んな製品をウォッチしていきます。

あきお
閲覧ありがとうございました!
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします。
以上、あきお(@akio_furutimes)でした。