【レビュー】Anker PowerWave+ 3-in-1は置くだけ充電器の完成形

皆さんはiPhoneやApple Watchの充電をどうしていますか。私はつい最近まで、iPhoneとApple Watch用の充電器を用意してケーブルで充電していました。

しかし、ケーブルを抜き差しすることの煩わしさや、1つにまとめた方がスッキリするのではという思いから、AnkerのPowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderを導入してみました。

あきお
システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。ときめく物を大切にする私が実際に商品を購入してレビューします。

この記事では、PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderの特徴や実際に使って感じたメリット/デメリットがわかり、購入時の参考にできます。

結論を先に言ってしまうとこの商品は置くだけ充電器の完成形でした

置くだけ充電の完成形

anker_powerwave_3_in_1の全体像

こちらがPowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderです。スマホ(iPhone等)、Apple Watch、ワイヤレスイヤホン(AirPods等)の3つをワイヤレスで同時に充電できる商品です。

急速充電モードにも対応していて、iPhoneに付属されている充電器よりも短時間で充電できます。

anker_powerwave_3_in_1の充電部分

PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch HolderはUSB Type-C端子のため、Type-Cで揃えたい方にはおすすめな商品です。

anker_powerwave_3_in_1の内部構造

Apple Watchの充電部分はどうしているかというと、Apple Watchに付属されている磁気充電ケーブルを内部に固定することで利用可能です。

あきお
内部にはUSB Type-Aの接続部分があります。
anker_powerwave_3_in_1のApple Watch充電部分

磁気充電ケーブルの固定が完了したら、Apple Watchはこのように引っ掛けるだけで充電できるようになります。

anker_powerwave_3_in_1のiPhone充電部分

iPhoneはというと、このように引っ掛けられるので滑り落ちる心配はありません。また、充電しながら操作しやすい角度になっているので、首の負担も軽減できています。

anker_powerwave_3_in_1の色合い

カラーはブラックのみの展開で、漆黒というより少しグレーで上品な色合いです。この手のワイヤレス充電器は、光沢感のある物もありますが、PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderはマッドな感じで気に入っています。

anker_powerwave_3_in_1の質感

質感はというと、滑りにくいよう溝が入っていて少しざらざらしています。それ故、ほこりをキャッチしてしまうのが少しネックです。

実際に使ってみて

ここからは、PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderを3ヶ月ほど利用してみて感じたメリット/デメリットをまとめていきます。

メリット

  • ケーブル1本でまとめられる
  • Apple Watchのケーブルを収納できる

ケーブル1本でまとめられる

anker_powerwave_3_in_1のケーブル部分

USB-Cのケーブル1本をPowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderに繋ぐだけでいいので、充電エリアの省スペース化ができます。

また、導入前はケーブルホルダーを利用し、ケーブル使用時に引き出す方式でしたが、常時ケーブルに繋がっていることもあり、ケーブルホルダーが不要になりました。

Apple Watchのケーブルを収納できる

anker_powerwave_3_in_1のケーブル収納

内部にケーブルを収納できるので、長さに制限されず使用することができます。

Apple Watchの磁気充電ケーブルの長さは1mしかないので、デスク上で充電するためには、デスク裏にタコ足配線などを設置する必要でしたが不要になりました。

また、Apple Watchに付属しているケーブルを利用するため、無駄なケーブルにならないところも気に入っています。

デメリット

  • ケーブル充電よりも充電スピードが遅い

ケーブル充電よりも充電スピードが遅い

iPhone8以降だと、急速充電モードを利用しても7.5Wまで出力できないため、ケーブルで急速充電した方が早いです。

なので、そこまで充電スピードは求めておらず、寝ている間に充電できればいいという方に向いていると感じます。

こんな商品もあるといいかも

Anker公式サイトのPowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderの商品説明に下記記載がありました。

※各機器に対して同時にフルスピード充電するには、12V – 3A以上の出力が可能なPD対応充電器 (別売り) とUSB-C & USB-C ケーブル (別売り)が必要です。

スマホ、Apple Watch、ワイヤレスイヤホンを同時に充電するためには、PD対応充電器とUSB-C & USB-C ケーブルが必要みたいです。

あきお
大事なことって小さく書いていますよね。

なので、私が愛用しているPD対応充電器とUSB-C & USB-C ケーブルを合わせて紹介します。

RAVPower 30W急速充電器

anker_powerwave_3_in_1と合わせて書いたいもの1

RAVPowerの30W急速充電器はコンパクトで持ち運びやすく、USB Type-AとType-Cに対応しているので、これ1つで様々な製品の充電が可能です。

Nimaso USB-Cケーブル

anker_powerwave_3_in_1と合わせて書いたいもの2

高品質なナイロン素材で編み込みされているため、Apple純正のケーブルと比べて強度があります。結束バンドが付属していて、ケーブル自体絡みにくいので持ち運びにも便利です。

まとめ

レビューした通り、PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderは多くのメリットがあるので、置くだけ充電器の完成形だと考えています。

3-in-1の類似商品には、おしゃれなMagSafe対応の物も数多くありますが、価格が少し高いなと感じています。

PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holderの価格というと、5,000円以下で比較的安価です。

この価格帯でここまで優れた商品はあまりないと思うので、持っていない方はぜひ導入を検討してみてください。

あきお
閲覧ありがとうございました!
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします。
以上、あきお(@akio_furutimes)でした。

あわせて読みたい

このブログではガジェットや生活について発信しています。

他の記事も読んでもらえたら嬉しいです。

あわせて読みたい

在宅勤務(テレワーク)で必要なものがあれば知りたいですよね。 あきお システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。在宅勤務2年目になりました。 今回は在宅勤務2年目の私が、在宅勤務で「これ買っ[…]

あわせて読みたい

ミニマルなApple Watchの充電ドックがあれば持ち運びがラクですよね。 あきお システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。ときめく物を大切にする私が実際に購入してレビューします。 これ[…]

anker_powerwave_3_in_1のアイキャッチ
この記事が気に入ったらフォローしてね!