【スコッチグレイン】オデッサ2を20代サラリーマンが評価してみた

おつかれさまです。あきお(@akio_furutimes)です。

良質な革靴は”足元を見られない“ためにも一足は持っておきたい物。

日本には数多くのブランドがありますが、その中でもスコッチグレインは幅広い年代に愛されています。

先日、私もスコッチグレインでオデッサ2を購入して来ました。40,000円以上する代物で20代サラリーマンに取っては大きな出費でしたが、とても良い買い物ができたと感じています。

今回はそんな私が購入したオデッサ2を評価していきます。

この記事は次の方におすすめです。

  • オデッサ2が気になる
  • スコッチグレインの革靴がほしい

オデッサⅡのここがいい

スコッチグレインの革靴は『ヨーロピアンボックス』と呼ばれる、スコッチグレインオリジナルカーフで造られています。

生後6ヶ月ぐらいの仔牛の皮から造られる、銀面(革の表面)が細かく平滑で、上質な革をカーフと言う。
中でも、品質とエレガントさで常に上位に評価されるのがヨーロッパ産のカーフである。

SCOTCH GRAIN

『ヨーロビアボックス』はそのヨーロッパ産のカーフをさらに厳選して、独自にランク付けした、エクセレントカーフです。

エクセレントカーフの革靴というだけで購入意欲が湧きます。そんなエクセレントカーフの革靴たちから、オデッサⅡを選んだ理由は3つあります。

  • コバ茶
  • シングルE
  • セミブローグ

コバ茶

黒色の革靴には珍しいコバ茶です。黒の方はフォーマル、茶の方はカジュアル感が出ます。

あきお
コバ茶というだけで、ちょっと個性を表現できるのがお気に入りです。

シングルE

ウィズ(幅)はシングルEで、足幅が細い人でも合わせられる構造です。以前は幅が合わない靴を履いていたため、足に疲労が溜まりやすかったです。

あきお
日本の靴はトリプルEが主流で、幅がゆったりした靴が多いみたいです。

セミブローグ

ビジネスシーンに適したスマートメダリオンなデザインだと感じています。

ウィングチップほどカジュアルでなく、ストレートチップほどフォーマルでないため、ビジネスで使える革靴の最適解だと思います。

あきお
セミブローグは冠婚葬祭のようなフォーマルな場ではふさわしくないため、注意が必要です。

オデッサⅡの履き心地

これまで履いてきた革靴の中で、一番フィットしていると感じます。

おろしたてのため、履きジワはありません。

徐々に履きジワがつきカッコよくなると思うと楽しみです。

あきお
さりげないコバ茶がおしゃれですよね。

最後に

ベストなフィッティングになるまで調整してくれた、スコッチグレインのサービスの質の高さに感銘を受けています。

フィッティングの際かかと部分が当たっていましたが、店舗にて厚みのクッションを入れてもらいました。

あきお
そのおかげでかかと部分が当たらなくなりました。銀座本店のサービスの高さに感服です。

スコッチグレインはソール取り替え可能で共に成長していけますよ。

SCOTCH GRAIN公式
SCOTCH GRAIN公式
Made in Japanという品質。
この記事が気に入ったらフォローしてね!