MENU
あきお
神奈川県生まれの26歳。現在は横浜在住。システムエンジニアとして働く傍ら、本ブログを運営しています。「ゆとりのある暮らしを見つける」をテーマにインテリアやガジェットのアイテムをご紹介。

システムエンジニアが2年間通ったジムを辞めた理由はこれ!

こんにちは、あきお(@akio_furutimes)です。

筋トレはどこでもできますが、強い意志がないと長くは続かないものです。私は強制的に筋トレができるように、2年間地元のジムに通っていました

そこは、筋トレ器具以外にもプールやお風呂がある複合的なジムでした。そんなジムに週3回ペースで通っていましたが、年明けすぐにふと思いました。 もう、ジム必要ないかもしれないな。辞めよう。

そして、そのままの足でジムに退会届けを出し辞めました。今回はそんな私が、2年間通ったジムを辞めた理由について紹介していきます。

Contents

2年間通ったジムを辞めた理由

様々な要因がありますが、ジムを辞めた理由は次の3点です。

  • 支度に手間が掛かる
  • 固定費が高い
  • 筋トレ習慣ができた

支度に手間が掛かる

週3回通っていましたが、支度に手間がかかっていました。ジム行って帰ってくるまでの流れは次のようになっています。

  1. 着替える
  2. ジムに行く
  3. 筋トレ
  4. シャワーを浴びる
  5. 着替える
  6. 家に帰る
  7. シャワーを浴びる

着替えとシャワーを2回行う必要があり、身体的な負担がかかっていました。

2年も通っているので、それが当たり前になっていましたが、生活を見直すと無駄が多かったなと感じます。

固定費が高い

ジム利用費が5,500円、ロッカー代が1,000円で、1ヶ月にかかる費用は6,500円でした。年間にすると78,000円なのでバカにならない値段になります

健康を維持するためには自宅トレーニングやランニングをすれば問題ないし、毎月6千円が浮くのは大きいです。

実は、辞めるちょっと前に、「お金の大学」という本を読んでいました。

固定費を減らすことを念頭において生活していたので、ジムを辞めるきっかけの一つになりました。 この本には、固定費を見直すことがお金を貯める一番最初のステップだと書かれています

今はこの浮いた6千円をブログの経費に投資しています。

筋トレの習慣ができた

これがジムを辞めた1番の理由です。2年間もジムに通っていたので、筋トレ習慣が身に付きました。

ジムを辞める前に、1ヶ月間自宅トレーニングをやってみましたが、問題なく継続することができました。腕立て伏せを毎日20回行っています

ジムでは使いたいタイミングで器具が利用できなかったりしましたが、自宅トレーニングでは好きな時に体を鍛えることができます。 ジムに行かなかったら、筋トレ習慣は身に付かなかったです。

まとめ

私がジムを辞めた理由をまとめます。

  • 支度に手間が掛かる
  • 固定費が高い
  • 筋トレ習慣ができた

この3つの理由でジムを辞めました。少しでも辞めようと思ったら、一回休会してみて、ジムがない生活を体験してみることをおすすめします。

結局私が言いたいことは、ジムが悪いのではなく、あなたに合った筋トレスタイルを見つけて欲しいということです。

下記に自宅トレーニングの参考にしている著書のリンクを貼っておきます。

あわせて読みたい

このブログでは「ゆとりのある暮らしを見つける」をテーマにガジェットや生活について発信しています。

他の記事も読んでもらえたら嬉しいです。

あきお

閲覧ありがとうございました!
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる