MENU
あきお
神奈川県生まれの26歳。現在は横浜在住。システムエンジニアとして働く傍ら、本ブログを運営しています。「ゆとりのある暮らしを見つける」をテーマにインテリアやガジェットのアイテムをご紹介。
2022年ベストバイ!本当に買って良かった物TOP10

SwitchBot カーテン レビュー|カーテン自動開閉が快適すぎた

switchbot_curtainレビュー

こんにちは、あきお(@akio_furutimes)です。

毎日「何気なく行っている習慣」が自動化できたら便利になりますよね。その習慣の中で今自動化できそうなのが、カーテンの開閉です。

  1. 目覚めたらカーテンを開ける
  2. 帰宅したらカーテンを閉める

あなたの生活を思い返すとこれらを無意識にやっていると思います。そのため、自動化できたら便利だよなと感じる人も多いはず。

今回はそんな人に向けて、賃貸物件でも簡単に設置できる『SwitchBot カーテン』を紹介していきます。

switchbot_curtainレビュー
SwitchBot カーテン

SwitchBot カーテンはカーテンレールに取り付けて使用する製品。この製品が右 or 左に動くことにより、カーテンを開閉することができます。

工事不要で誰でも簡単に設置可能。設置後はカーテンの開閉をスケジュール化できるので、快適なスマートライフを楽しめること間違いなしです

私も1ヶ月程度使用していますが、カーテンの開閉をする必要がなくなり導入して良かったと感じています

本記事ではSwitchBot カーテンの特徴や実際に使ってみた感じた良い点、惜しい点をまとめていきます。ぜひ参考にしてみてください!

SwitchBot(SwitchBot)さんとご縁があり、レビュー・PR用に製品をご提供いただきました。感じたままに正直レビューしていきます。

Contents

SwitchBot カーテンの特徴と外観

switchbot_curtainレビュー
SwitchBot カーテン
SwitchBot カーテンの特徴
  • カーテンレールに簡単取付
  • Touch&Go・アプリ操作
  • 日差し感知の自動開閉&タイマー設定
  • スマートスピーカーとの連携
  • 様々なレールに適用

SwitchBot カーテンは賃貸物件でも取り付け可能なスマート家電。手で軽くカーテンを引くと「動かしたい方向に自動的に開閉してくれる」Touch&Goやアプリ操作に対応しています。

アプリでは自動開閉やタイマー設定を行うことができ、設定してしまえば充電がなくなるまで自動的に開閉をしてくれます。また、AmazonアレクサやGoogleアシスタントにも対応しているので、音声での開閉も可能です。

とにかく便利すぎるアイテムなんです

製品名SwitchBot カーテン
サイズ5.1 x 4.2 x 11 cm
重さ400 g
壁紙の柄・パターン‎角型/U型カーテン第2世代
バッテリータイプリチウムイオン
価格9,980円(2022年12月時点)
SwitchBot カーテンのスペック
switchbot_curtainレビュー
switchbot_curtainレビュー
SwitchBot カーテンの外観

箱を開けるとこんな感じ。箱に1台のSwitchBot カーテンが綺麗に梱包されています。

switchbot_curtainレビュー
switchbot_curtainレビュー

SwitchBot感が溢れる白を基調としたデザインです。

驚いたのはサイズ感。5.1 x 4.2 x 11 cmなので、かなり小さいです。カーテンを動かすので勝手に大きいものを妄想していましたが、それ以上に小さく驚きました

switchbot_curtainレビュー
switchbot_curtainレビュー

付属品も白を基調。SwitchBot カーテンの充電ケーブルやさまざまなレールに対応できるように交換用パーツが付属しています。

switchbot_curtainレビュー

充電は製品固有の端子ではなく、USB Type-Cに対応しているのでとても便利。ただ、ケーブルが届かず、カーテンレールから取り外す必要がある場合もあるので、「SwitchBot専用ソーラーパネルセット」を検討してみるものありかも。

SwitchBot カーテンの設置方法

ここからはSwitchBot カーテンの設置方法をざっくりまとめていきます。詳しい説明については「SwitchBotのヘルプページ」から確認してみてくださいね。

STEP
SwitchBotアプリのダウンロード
SwitchBot

SwitchBot

posted withアプリーチ

STEP
SwitchBot カーテンの取り付け①
switchbot_curtainレビュー

1番目のカーテンを外す。

switchbot_curtainレビュー

「カーテン本体を付けないフック」をカーテンレールに取り付ける。

switchbot_curtainレビュー

フックローラーをカーテンレールの溝に合わせて挟み、左右に揺り動かしてもレールから落ちないことを確認する。

STEP
SwitchBot カーテンの取り付け②
switchbot_curtainレビュー

「カーテン本体を付けるフック」をカーテンレールに取り付け、STEP2で設置のフックに取り付ければ完成。

STEP
アプリからの設定

SwitchBotアプリを開いて設置したSwitchBot カーテンを設定していく。設定方法は「SwitchBot公式設定ガイド」を参照する。

SwitchBot カーテンの良い点

SwitchBot カーテンを実際に使ってみて良いと感じた点をまとめていきます。

アレクサと連携した自動開閉が便利

アレクサからSwitchBot カーテンを操作

SwitchBot カーテンはAmazonアレクサと連携させて操作可能。他の作業をしながらカーテンを声で開閉できるので、よく愛用しています。設定方法は簡単で以下の通りです。

STEP
アレクサを連携

SwitchBotアプリ上からSwitchBot カーテンを選択し、設定のクラウドサービスをクリック。Amazon Alexaを選択したらリンクが完了する。

STEP
アレクサ上での設定

アレクサアプリから定型アクションを選択し、右上から新規にアクションを追加する。実行条件とカーテンのモードを開閉どちらか選択すれば完了する。

スケジュールでの自動開閉が便利

switchbot_curtainレビュー

カーテンの開閉時間をスケジュール設定できるので、出社、帰宅時間に合わせてカーテンの開閉ができます。

私は朝の光を浴びて目覚めたいので、カーテンを開けるのは6:30に設定し、閉めるのは17:30に設定しています。この機能には大きな副産物があって、観葉植物の日光浴にも大きな役割を発揮してくれています

導入前は2,3日家を空ける場合、カーテンを閉め切って外出していたのですが、この機能のおかげで植物がぐんぐん成長してくれています。なので、朝日を浴びて起床したい方や観葉植物を育てている方には強くおすすめできる製品です。

精神衛生的にも良い

switchbot_curtainレビュー

長期間家を空ける場はカーテンを閉めておきたいですが、観葉植物を育てているため、一部だけ開けて外出していました。ただ、その状況だと観葉植物が枯れてしまう可能性があり、精神的に不安でした。

SwitchBot カーテンを導入してからはその不安からを解消できたので、長期出張でも家のことは考えずに仕事に集中できています。

SwitchBot カーテンの惜しい点

実際に使ってみて惜しいと感じた点は1点のみ。それは高価なこと!両開きのカーテンだと2つのSwitchBot カーテンが必要になるため、約2万円ほどかかります。

紹介してきた通り、カーテンを自動開閉するメリットは数多く存在しますが、カーテンを開閉するだけのアイテムになるので、購入を躊躇している方は多いはず。

SwitchBotの製品はさまざまなタイミングでセールを実施しているので、そのタイミングを狙ってみると良いかも。AmazonのブラックフライデーではSwitchBot カーテンが通常時よりも17%安くなっていました

¥9,980 → ¥8,280 17%OFF!

SwitchBot カーテンレビュー|まとめ

今回は『SwitchBot カーテン』を実際に使ってみた感想でした。改めてレビューを振り返ると以下の通りです。

良い点
惜しい点
  • アレクサと連携が便利
  • スケジュールでの自動開閉が便利
  • 精神衛生的にも良い
  • 値段が高い

値段が高い点がありますが、セールのタイミングで購入できればとても満足できるお買い物になると思います。

習慣的に行うカーテンの開け閉めを自動化することで得られるメリットは大きいので、気になっている方は下記リンクから詳細をぜひ確認してみてくださいね!

あわせて読みたい

このブログでは「ゆとりのある暮らしを見つける」をテーマにガジェットや生活について発信しています。

他の記事も読んでもらえたら嬉しいです。

あきお

閲覧ありがとうございました!
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします。

switchbot_curtainレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents