MENU
あきお
神奈川県生まれの26歳。現在は横浜在住。システムエンジニアとして働く傍ら、本ブログを運営しています。「ゆとりのある暮らしを見つける」をテーマにインテリアやガジェットのアイテムをご紹介。

TP-Link Tapo C210レビュー|手軽に導入できる見守りカメラ

TP-Link Tapo C210レビュー

こんにちは、あきお(@akio_furutimes)です。

外出や旅行の機会は今後増えてくると思いますが、長期間不在だと部屋の様子が気になりますよね。

ペットを飼っている場合、行儀よく留守番をしているかチェックしたい人も多いはず。

今回はそんな人に向けて、スマホで簡単に操作できる見守りカメラ『Tapo C210』を紹介します。

TP-Link Tapo C210レビュー
Tapo C210を設置した様子

Tapo C210はネットワークWi-Fiカメラで、スマホ専用アプリを使用して操作できます。アプリから簡単に初期設定ができ、使い勝手も良いので導入して正解でした

本記事では、Tapo C210の特徴や実際に使って感じた良い点、惜しい点をまとめていきます。

良い点
惜しい点
  • 小型で目立ちにくい
  • 360度首振り可能
  • 映像が綺麗に映る
  • 動作検知モードが便利
  • 音声が聞き取りにくい

TP-Link(tplinkjapan)さんとご縁があり、レビュー・PR用に製品をご提供いただきました。感じたままに正直レビューしていきます。

Contents

TP-Link Tapo C210

TP-Link Tapo C210レビュー

Tapo C210は、TP-Linkの『パンチルト ネットワークWi-Fiカメラ』です。

TP-Linkからは、3モデルのパンチルトWi-Fiカメラが販売中で、Tapo C210は最新モデルになります。(2022年5月時点)

機器名Tapo C210
セキュリティSSL/TLSによる128 ビット AES 暗号化
ワイヤレス レート11Mbps(802.11b)
54Mbps(802.11g)
72.2Mbps(802.11n)
周波数2.4GHz
ワイヤレスセキュリティWPA/WPA2-PSK
動画圧縮H.264
フレームレート15fps
ストリーミング300万画素
対応OSiOS 10+, Android 5.0+
サイズ86.6 x 85 x 117.7 mm
イメージセンサー1/2.8“
解像度3MP(2304 x 1296)
レンズF/NO:2.4
焦点距離:3.83mm
ナイトビジョン850nm IR LED (最長約10m)
視野水平に360°
垂直に114°
音声通話双方向通話
Tapo C210のスペック

パンチルトとは、カメラの向きを左右に振ることをパン、上下に振ることをチルトと言ってカメラの首振り機能を指す。

IODATA Q&Aページより

特徴となるポイント

Tapo C210の特徴となるポイントは以下の通りです。

  1. 300万画素の高画質
  2. パンチルト機能
  3. ナイトビジョン
  4. 最大256GBのmicroSD対応
  5. 双方向通話
  6. ライブ視聴
  7. 動作検知&通知
  8. アラート発報
  9. 音声アシスタントに対応
  10. プライバシーモード搭載
  11. 5,000円以下で購入できる高コスパ
TP-Link Tapo C210レビュー

パンチルトに対応した本機の解像度は、3MP(300万画素)です。綺麗な映像で部屋を確認できます。

TP-Link Tapo C210レビュー

また、ナイトビジョンや動作検知&通知に対応しているので、見守りカメラとして必要な機能を兼ね備えています。microSDカードに映像を記録できるから、何かあったときでも安心できます

前モデルとのスペック比較

TP-LinkのネットワークWi-Fiカメラは形が似ていることから違いがわかりにくいです。

そこで、各モデルのスペックをまとめてみました。

スクロールできます
TP-Link Tapo C210レビュー
Tapo C210
TP-Link Tapo C210レビュー
Tapo C200
TP-Link Tapo C210レビュー
TC70
サイズ86.6 x 85 x 117.7 mm86.6 x 85 x 117.7 mm86.6 x 85 x 117.7 mm
イメージセンサー1/2.8“1/2.9“1/2.9“
解像度3MP(2304 x 1296)1080p フルHD1080p フルHD
レンズF/NO:2.4
焦点距離:3.83mm
F/NO:2.4
焦点距離:4mm
F/NO:2.4
焦点距離:4mm
ナイトビジョン850nm IR LED
(最長約10m)
850nm IR LED
(最長約10m)
850nm IR LED
(最長約10m)
視野水平に360°
垂直に114°
水平に360°
垂直に114°
水平に360°
垂直に114°
音声通話双方向通話双方向通話双方向通話
価格4,490円4,190円3,990円
購入する購入する購入する
3モデルの比較

今回紹介している『Tapo C210』はイメージセンサーが大きくなり、解像度が前モデルよりも向上しました。

他のスペックは変わっていませんが、ネットワークWi-Fiカメラにおいて解像度は一番大きなポイントになるため、今購入するならTapo C210がおすすめです

Tapo C210の外観

さっそくTapo C210を開封していきます。付属品と外観を見ていきましょう。

TP-Link Tapo C210レビュー

パッケージは爽やかなデザイン。中を開けるとこんな感じ。

TP-Link Tapo C210レビュー

丁寧に梱包されていて、説明書も綺麗に収納されていました。付属品は以下の通り。

TP-Link Tapo C210レビュー
TP-Link Tapo C210レビュー

付属品

  1. Tapo C210本体
  2. 電源アダプタ
  3. 簡単設定ガイド
  4. マウントねじ
  5. マウントテンプレート

ねじの間隔が下書きされた黄色いシールもあって、カメラを固定したいユーザーにも配慮された内容です。

TP-Link Tapo C210レビュー
想像以上に小さい

Tapo C210の第一印象は小さっ!。想像していたサイズよりもひと回り小さく驚きました。

TP-Link Tapo C210レビュー
iPhoneより小さい

iPhoneと比較してみると小ささを実感できると思います。片手で簡単に持ち運べてしまう。

TP-Link Tapo C210レビュー

本体の重さは202gでした。見守りカメラってこんな軽いんだ!って2度目の驚きです。

TP-Link Tapo C210レビュー

背面にあるのはマイク(スピーカー)と電源の差し込み口です。後ろ姿はてるてる坊主に見えなくもないですね。

TP-Link Tapo C210レビュー

裏側には滑り止めが施されています。窪みにマウントテンプレートを付けて、マウントねじで固定も可能です。

microSDここ!

TP-Link Tapo C210レビュー
カメラの下部にあった

カメラの下部にmicroSDカードの差し込み口とリセットボタンがあります。

Tapo C210の設定方法

Tapo C210の設定方法を解説していきます。

アプリのダウンロード

Tapoアプリを使用することで簡単に設定可能です。まずはダウンロードしていきましょう!

TP-Link Tapo

TP-Link Tapo

posted withアプリーチ

初期設定

STEP
Tapo C210を選択

Tapoアプリを開いたら『+をタップしてデバイスの追加』を選択

TP-Link Tapo C210レビュー

Tapo C210を選択して、カメラの電源をONします。本体のLEDが赤と緑に点滅するまで30秒ほど待機。

スマホ側のWi-FI設定から『Tapo_Cam_???』を選択します。

STEP
Wi-Fiの設定

表示されたTapo_Cam_10A2に接続します。

TP-Link Tapo C210レビュー

次に自宅のWi-Fiパスワードを入力してTapo C210を連携させます。

STEP
デバイス名と場所を指定

Tapo C210に名前を付けます。好きなネーミングを設定。

TP-Link Tapo C210レビュー

設置場所を指定すれば設定は完了です。

STEP
見守りカメラを確認

最後にmicroSDカードを挿入すれば、完全に見守りカメラとして起動している状態です。

TP-Link Tapo C210レビュー

アプリを通じて部屋の中を確認できました。初期設定はこれで完了です。

Tapo C210の使用感

TP-Link Tapo C210レビュー

今回は室内用の見守りカメラとして使用するので棚に設置。一瞬見ただけではわからないように、観葉植物の後ろに隠しました。

操作については全てアプリで実施します。機能は多いですが、使っていくうちに覚えられるので大丈夫です

アプリの操作と動画撮影

アプリの映像画面はこんな感じになっています。

TP-Link Tapo C210レビュー

映像画面の詳細

モード設定自動:自動で切り換え
日中:明るいとき
夜間:暗いとき(暗視カメラ)
カメラ設定カメラの詳細設定
画面分割1度に4つのTapoカメラの映像を表示できる
写真を撮るライブ映像から残したい瞬間の写真を撮る
動画を録るライブ映像から残したい動画を録る
マイク音量マイクの音量を調整
全画面画面を全画面モードに切り替える

映像部分には現在の時刻が表示されます。機能はこれだけにとどまらず、映像画面の下に各種操作ボタンがあります

TP-Link Tapo C210レビュー

各種操作ボタンの詳細

トークスマホ側から一方向の音声トーク
パン&チルトカメラの向きを変更
音声通話スマホ側とカメラ側の双方向で音声通話
プライバシーモード録画の完全停止
アラート動作を検知の防犯アラートをON/OFF
Tapo CareTP-Linkのサブスク
再生&メモリー撮影した映像を見たり、ダウンロードできる

想像以上に機能が多彩でワクワクしちゃいますよね。実際に『動画を撮る』を押して撮影してみると、こんな感じの映像が撮れました。

300万画素の高画質なので想像以上に綺麗に撮れて驚きました。

便利な動作検知モード

TP-Link Tapo C210レビュー
録画スケジュールから設定

便利な機能がいくつかありますが、一番気に入ったのは動作検知モードです。録画スケジュールから連続録画、検知時に録画、録画しないを選択でき、検知時に録画がこの機能にあたります。

動きを検知したときだけ録画をできるので無駄なメモリー消費をしなくて済みます。

あきお

不在時に合わせて録画スケジュールを設定できる点も非常に良いですよね。

アラート音は威嚇に十分

動作検知時にはスマホに通知がくるだけでなく、アラート音も発報も可能です。中々の音なので結構驚きました。正直うるさいなと思うくらい

初見だとかなりびっくりすると思うので、侵入者の威嚇には十分でしょう。

旅行や出張などで家を長期不在にする場合、家の状況が気になってくるのでこの手の防犯対策ができると精神衛生上良いと感じました

音声はあと一歩

音声は少し荒くて聞き取りにくいのであと一歩。

見守りカメラを通じて、留守番中のお子さんと会話するシーンは想像できるので、音質向上すればさらに良い製品になると感じました

Tapo C210とあわせて買いたい物

Tapo C210とあわせて買いたい物は動画保存用のmicroSDカードです。いくつかのブランドはありますが、価格が安くて信頼性のあるKingstonのmicroSDカードがおすすめです。

容量は32GB、64GB、128GB…など上を見ればキリがないですが、64GBで問題ないかなと思っています

Tapo C210には、自動的に古い動画を削除する機能があるので、容量がいっぱいになって停止する心配はありません。

¥980 (2022/07/05 12:13:48時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は、TP-Linkの『Tapo C210』を使ってみた感想でした。改めてレビューをまとめるとこんな感じです。

良い点
惜しい点
  • 小型で目立ちにくい
  • 360度首振り可能
  • 映像が綺麗に映る
  • 動作検知モードが便利
  • 音声が聞き取りにくい

少し音声が聞き取りにくい点が残念ですが、これが5,000円以下で買えるのには正直驚きました

この品質と価格から、ネットワークWi-Fiカメラはもっと普及していくと思います。スマホとWi-Fi環境さえあれば簡単に導入できるので、一家に一台が当たり前になる日は近いかも。

気になった方は購入をぜひ検討してみてくださいね!

あわせて読みたい

このブログでは「ゆとりのある暮らしを見つける」をテーマにガジェットや生活について発信しています。

他の記事も読んでもらえたら嬉しいです。

あきお

閲覧ありがとうございました!
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします。

TP-Link Tapo C210レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents
閉じる