【BoYata】ノートパソコンスタンドをレビュー【画面を見上げる世界へ】

PC作業の負担を軽減できるBoYataのノートパソコンスタンド。安くはない商品なので本当に使えるのか気になりますよね。

あきお
25歳システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。在宅勤務でフル活用している私が実際にレビューします。

この記事ではBoYataのノートパソコンスタンドの魅力や効果、マイナスポイントを掴め、じっくり検討できます。

首や腰の痛みが出る前にBoYata!

BoYata ノートパソコンスタンド

BoYataはPCやスマホのスタンドを販売している企業。その中で今回はBST-10を紹介していきます。まずこの商品評判が良すぎます。

  • Amazon
    ノートパソコンスタンドでベストセラー
  • 楽天
    タブレット用スタンドランキングで1位

評判から迷わず買ってしまいそうになりますよね。

あきお
私はそうでした。

実際に使ってみて、やっぱり買って間違いない商品だったので徹底的にレビューしていきます。

ノートパソコンスタンドのスペック

  • 材質…シリコン、アルミニウム、ゴム
  • 耐荷重…20kgまで

耐荷重が20kgもあります。ノートパソコンは重くても3kg程度。近年軽量化しているので余裕があります。

パソコンに手を置き、タイミングしても20kgを超えることはないでしょう。

ノートパソコンスタンドの価格

  • BoYata ノートパソコンスタンドの定価は¥5,299

価格は5,299円。簡単には手を出せない価格だと思います。私が言うのも何ですが、本当に必要なのかしっかり見極めてから購入が必要です。

ノートパソコンスタンドの細部をレビュー

こちらがBoYataのノートパソコンスタンド BST-10。

中央には大きな穴が開いており、パソコンの熱を逃がせます。シリコン製のゴムパッドが4箇所付いているので、滑りにくく安定感抜群です。

パソコンを支える部分にもシリコンパッド!そのため、強めのタイミングをしてもズレることなく使えています。

背面にもシリコンパッド!このような仕様なので全然滑りません。パソコンをデスクに置いてる感覚で使えます。

魅力や特徴まとめ

  • 角度調整の自由度が高いところ

他社製品のスタンドだと、一定の角度や決められた段階の角度しか使えないことがあります。しかしBoYataは無段階調整で、高さ調節が自由自在です。

MacBook Pro 16インチを置いてみるとこんな感じ。

あきお
さすがにこの角度では使わないですけどね。

高さを測ってみたら15cm以上ありました。ちょっとしたスタンディング作業にも向いていると思います。

マイナスポイント

  • 角度調整の関節部分が異様に硬い

マイナスポイントと言うとあれですが、角度調整に結構な力が必要です。

調節するときの関節部分が異様に硬い。25歳の男ですが、体重を思い切りかける必要があります。

あきお
しっかり固定できるので私は気に入っています。

作業改善できたのか?

作業改善ができたと感じています。体への負担はかなり軽減できたと思います。

導入前

幼い頃からずっと猫背。注意されても治らず、作業をしているとつい猫背になってしまいます。長時間作業すると首や腰に痛みがありました。

導入後

自然な姿勢でパソコン作業ができるようになりました。ゲーミングチェアの深く腰掛け、ヘッドレストに首が付いています。首や腰の負担が軽減できました。

現在は在宅ほとんど。自宅で作業をすることが多いですが、このノートパソコンスタンドおかげで7.5時間以上の作業にも耐えられています。

類似商品

他のBoYata製品だと携帯性に富んだこちらの商品を使っています。主にカフェ作業で使っていて、外出時でも姿勢改善できるのでおすすめです。

気になった方は合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい

持ち運びできるBoYataのポータブルノートPCスタンド。本当に姿勢改善効果があるか気になりますよね。 あきお 25歳システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。ときめく物を大切にする私が実際に購入[…]

まとめ

必要なのと思われがちなノートパソコンスタンドですが、導入してよかったです。

画面を見下ろすから見上げる生活へシフトチェンジができるノートパソコンスタンドです。

ぜひBoYataのノートパソコンスタンドを検討してみてください。

あわせて読みたい

おつかれさまです。あきお(@akio_furutimes)です。 VESA規格非対応でもモニターアームを取付けたい。 今回はそんな悩みを持つ同志に、エルゴトロンを固定する方法をまとめていきます。 どのように取付けるかと[…]

あきお
閲覧ありがとうございました!
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします。
以上、あきお(@akio_furutimes)でした。