MENU
あきお
神奈川県生まれの26歳。現在は横浜在住。システムエンジニアとして働く傍ら、本ブログを運営しています。「ゆとりのある暮らしを見つける」をテーマにインテリアやガジェットのアイテムをご紹介。

Logicool M590 レビュー|静かなクリック音が心地良いマウス

こんにちは、あきお(@akio_furutimes)です。

最近は自由な働き方ができるので、ガジェットが軽量化している気がします。

マウスも例外ではなく、軽量で使いやすい物が多いので悩んでしまう人は多いと思います。

今回紹介するのはそんな人におすすめしたいロジクールのワイヤレスマウス『M590』です。

4,000円あれば購入できてしまうワイヤレスマウス。軽量で使いやすく私も3年以上愛用しているマウスです

本記事ではそんなロジクールのM590の魅力や使用感、マイナスポイントをまとめていきます。

良い点
惜しい点
  • クリック音が静音
  • 2つのサムボタン
  • USBポートでも接続可能
  • M590は単三電池が必要
¥4,257 (2022/09/27 10:33:16時点 Amazon調べ-詳細)
Contents

Logicool M590とは

Logicool(ロジクール)はパソコン周辺機器を販売するスイスの企業で、製品の質が高いことから弊社でも人気を博しています。

M590はそのロジクールで販売されているワイヤレスマウス。クリック音がとても静かなマウスで使い勝手が良く、私は2つ所有しています。

従来と同じクリック感覚と、クリック音に関して90%を超えるノイズリダクションにより、M590ではユーザーも周囲の人々も静かな体験ができます。さらに、M590は高性能素材で作られたフィートとラバーホイールを備え、静かな滑りとスクロールを実現します。

ロジクール

カラーバリエーション

カラーバリエーションは以下の3種類があります。

  • グラファイト トーナル
  • ミッドグレイ トーナル
  • ルビー

愛用する2つのカラーはルビーグラファイト トーナルです。ミッドグレイ トーナルは薄いグレーという印象でした。

どのカラーもマッドな感じで落ち着いているので、ハズレのカラーはないと思います。ミッドグレイ トーナルを持っていないのが無念です。

大きさはどのくらい

高さ x 幅 x 奥行き103 mm x 64 mm x 40 mm
重量(電池を含む)101g

サイズは手にすっぽり収まるくらいコンパクトです。

重量は101gで、コンビニの肉まんと同程度の重さ。M590は持ち運びにも適したワイヤレスマウスです。

会議室での打合せのときは、お尻のポケットにマウスを入れて会議室に向かいます。

価格はどのくらい

M590の価格は¥3,960(公式)

Logicoolの公式価格では¥3,960で、Amazonでは少し安く¥3,182(2021年4月時点)でした。

購入する時はAmazonがおすすめです。

ただ、¥3,000を超えるマウスのため、一般的なマウスと異なることは判断できますが、どう異なるのでしょうか。

以降では、異なる点を魅力としてお伝えしていきます。

M590を使って感じた良い点

M590を2年ほど愛用して感じた魅力は、以下3つです。

良い点・メリット
  • クリック音が静音
  • 2つのサムボタン
  • USBポートでも接続可能

順に見ていきます。

クリック音が静音

マウス特有の「カチッ、カチッ」音が、「スコッ、スコッ」という煩わしさを感じない音になっています。

多くのクリックが求められる作業でも周りを気にすることなく作業できます。マウスの音が不快音だったので、購入時の1番の決め手になりました。

2つのサムボタン

サイドには2つのサムボタンが付いています。

ブラウザバックやフォルダ移動に活用できます。Eclipse(統合開発環境)でもこの機能が使えるので、デバック時に重宝しています。操作はとても簡単で、親指を使うだけです。

USBポートでも接続可能

Bluetooth対応のマウスですが、付属しているUSBのレシーバーを付けられればどんなPCでも使用できます。

会社用のPC等では、Bluetooth接続が使えない場合が多いと思います。そのため、このようなレシーバーがあると非常に助かりますよね。

レシーバーはマウスの背面に収納できるので、持ち運び時になくす心配がありません。

M590を使って感じた惜しい点

惜しい点・デメリット

M590は単三電池が必要

M590は単三電池で動かすタイプで、電池のコストがかかります。

ただ、2年使っていて電池の交換は1回だけです。週5で8時間程度コンスタントに使用して、電池の寿命は1年半程度でした。この程度使えるのであれば、このデメリットは許容できると思います。

PCと合わせた時の雰囲気

M590とPCと合わせた時の雰囲気はこちらです。

ルビー
グラファイト トーナル

どちらのカラーもPCと相性はいいです。

ミッドグレイ トーナルは持っていないため、参考をお見せできませんが是非チャレンジしてみてください。

Logicool MX ERGOと比較

おまけですが、自宅ではロジクールのMX ERGOを使って作業しているのでM590と比較してみました。

M590
MX ERGO

手首の角度が明らかに異なります。MX ERGOの方が自然な角度で作業ができるので、腱鞘炎防止になります。

ただ、MX ERGOはコストが高いのと、Logicool OptionsをPCにインストールしないと機能を最大限活用できません。

そのため、セキュリティ規制の高い会社PCには向いていないので、M590の方がおすすめです。性能も価格も違うので比較対象になり得ませんが、おまけ程度でまとめてみました。

¥15,400 (2022/09/27 22:30:24時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

3年間愛用しているLogicool M590についてまとめました。改めてレビューをまとめるとこんな感じ。

良い点
惜しい点
  • クリック音が静音
  • 2つのサムボタン
  • USBポートでも接続可能
  • M590は単三電池が必要

M590は軽量で機能に富んだ魅力的なワイヤレスマウスなので、不満がなく使い続けられています。

様々なマウスが販売されていますが、この商品は買って後悔しないと思いますので、ぜひ検討してみてくださいね。

¥4,257 (2022/09/27 10:33:16時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい

このブログでは「ゆとりのある暮らしを見つける」をテーマにガジェットや生活について発信しています。

他の記事も読んでもらえたら嬉しいです。

あきお

閲覧ありがとうございました!
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

Contents