【ロジクール】Unifyingレシーバーが認識されない理由はこれだった

ロジクールのマウスやキーボードは質が良いので、システム開発の現場でも使っている人を数多く見かけます。

その理由の1つとして、PCとの接続のしやすさがあると思います。

ロジクールのキーボードやマウスをPCに接続する方法は以下の通り。

  • Bluetoothで接続する
  • USBのUnifyingレシーバーを使って接続する
あきお
Bluetoothで接続する方がほとんどですが、Bluetooth非対応PCを使う場合、Unifyingレシーバーが活躍しますよね。

私も例に漏れず、2台のBluetooth非対応PCでロジクールのキーボード(MX KEYS)を使いたくなったので、UnifyingレシーバーにMX KEYSを登録しました。

その際、UnifyingレシーバーにMX KEYSが認識されない問題が発生したので、今回はその対策方法とnifyingレシーバーとのペアリング方法をまとめていきます。

Unifyingレシーバーに認識されなかった理由

UnifyingレシーバーにMX KEYSが認識されなかった理由は以下の通り。

  • ペアリングモードにしてから、キーボードを再起動していなかったため

このようにUnifyingレシーバーにデバイスを登録する際、デバイスの再起動が求められます。(詳細はペアリング方法で後述)

Unifyingレシーバーの設定

このとき、デバイスをペアリングモードにしてからスライダをOFF→ONにする必要がありました。

あきお
手順通りにも関わらず登録できないので、不具合を疑ってしまいました。

ロジクール製品とUnifyingレシーバーのペアリング方法

ここからはロジクールのキーボードとマウスをUnifyingレシーバーにペアリングする方法を各々まとめていきます。

タイトル
  • STEP.0
    事前準備
    ロジクール公式HPからLogicool Optionsをダウンロードします。
    Logicool Optionsはこちらからどうぞ!

  • STEP.1
    UNIFYINGデバイスの追加
    Logicool Optionsの左下、デバイスの追加を選択します。

    Unifyingレシーバーの設定

    UNIFYINGデバイスの追加を選択します。

    Unifyingレシーバーの設定

  • STEP.2
    Unifyingレシーバーの設定

    Unifyingレシーバーの設定が開いたら、右下の次へを選択します。

    Unifyingレシーバーの設定

    ペアリングするUnifyingレシーバーをPCに接続します。

    Unifyingレシーバーの設定

MacBook AirにはUSBがないのでハブを使用してます。

Unifyingレシーバーを取り付けた様子

以降の手順に関しては、キーボードとマウスで異なるので分割しています

MX KEYS 800のペアリング

タイトル
  • STEP.3
    MX KEYSのペアリングモード

    MX KEYSのEasy-Switch™の中から設定したいボタンを長押し、ペアリングモードに変更します。

    MX Keysのペアリング

    あきお
    これができていなかったので、Unifyingレシーバーに認識されなかった。
  • STEP.4
    MX KEYSの再起動

    スライダをOFF→ONにして、MX KEYSを再起動します。

    Unifyingレシーバーの設定

  • STEP.5
    検出の確認

    MX KEYSの検出が確認できたら、「はい」を選んで右下の次へを選択します。

    Unifyingレシーバーの設定

    これでペアリングは完了です。次回から設定したボタンを押すことで接続できます。

    Unifyingレシーバーの設定

MX KEYSのレビューもしているので、こちらもあわせて読んでみてください!

あわせて読みたい

仕事ではWindows、プライベートではMacを使っている方は意外と多いと思います。 WindowsとMacで併用できるキーボードがあれば便利ですよね。 私も例に漏れず2つのOSを使い分けているのですが、コロナの影響でテレワーク[…]

MX ERGOのペアリング

タイトル
  • STEP.3
    MX ERGOのペアリングモード

    MX ERGOの設定したいボタンを長押し、ペアリングモードに変更します。

    MX ERGOの登録できる接続台数

    あきお
    MX KEYSと同様にMX ERGOでもペアリングモードにする必要があります。
  • STEP.4
    MX ERGOの再起動

    スライダをOFF→ONにして、MX ERGOを再起動します。

    Unifyingレシーバーの設定

  • STEP.5
    検出の確認

    MX ERGOの検出が確認できたら、「はい」を選んで右下の次へを選択します。

    Unifyingレシーバーの設定

    これでペアリングは完了です。次回から設定したボタンを押すことで接続できます。

    Unifyingレシーバーの設定

MX ERGOのレビューもしているので、こちらもあわせて読んでみてください!

あわせて読みたい

エンジニアや事務の方などは一日中マウスを操作しているので、手首の負荷は気になると思います。 手首の負担を軽減し、腱鞘炎を未然に防げるマウスがあったら知りたいですよね。 私も例に漏れず手首を酷使して作業をしていますが、たびたび手首[…]

MX ERGOのアイキャッチ

Unifyingレシーバーの注意事項

ロジクールのUnifyingレシーバーは複数デバイスを管理できるため、とても便利ですがデメリットもあります。メリットとデメリットは以下の通り。

メリット
  • Unifyingレシーバー1つで最大6台まで登録可能
  • USB接続で使用できる
  • 最長10mまでの範囲で、遅延やドロップアウトがほとんどない
デメリット
  • Unifyingレシーバー1つで7台以上は登録できない
  • USB接続がないと使用できない
  • 10m以上離れると遅延やドロップアウトがある

メリットの裏側としてデメリットを上げましたが、普通に使っていれば感じないと思うので、ご安心ください

まとめ

Unifyingレシーバーがあれば、Bluetooth非対応のPCでもロジクール製品をワイヤレスで接続可能です。

とても便利ですが、以下のときUnifyingレシーバーに認識されないので気をつけてください。

  • ペアリングモードにしてから、キーボードを再起動していなかったため

また、ロジクール製品は質が良いので、私も結構愛用しています。他記事で紹介しているのであわせて読んでみてくださいね。

ロジクール製品の記事一覧はこちらからどうぞ!

あきお
閲覧ありがとうございました!
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします。
以上、あきお(@akio_furutimes)でした。

あわせて読みたい

このブログでは「ゆとりのある暮らしを見つける」をモットーにガジェットや生活について発信しています。

他の記事も読んでもらえたら嬉しいです。

あわせて読みたい

在宅勤務(テレワーク)で必要なものがあれば知りたいですよね。 あきお システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。在宅勤務2年目になりました。 今回は在宅勤務2年目の私が、在宅勤務で「これ買っ[…]

あわせて読みたい

早くも2021年の上半期が終わろうとしています。 あきお システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。ときめく物を大切にする私がまとめます。 気付けば社会人4年目で人生の岐路に立たされています[…]

この記事が気に入ったらフォローしてね!