幼馴染の友人とルームシェア!1年でやめた理由と経験をまとめた

ルームシェアって思っていた以上にストレスが溜まりますよね。

あきお
システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。1年間幼馴染とルームシェアした経験をまとめます。

24歳のときに、2DK 家賃13万2千円の物件を幼馴染みの友人と2人で借りました。2年以上住むと思っていましたが、1年3ヶ月でこの生活に幕を閉じました

今はひとり暮らしをしていて、当時感じていたストレスから解消され自由に暮らしています。

ルームシェアは金銭的な面でコスパが良いですが、精神的な面ではコスパが悪いです。当時を振り返ると楽しい反面、息苦しい毎日だったことを思い出します

今回はルームシェアやめた理由やルームシェアをして感じたメリット・デメリットをまとめていきます。

猫みたいな女性と暮らしたい

ルームシェアをやめた理由

私たちのルームシェアを一言で表すと、「楽しいけど息苦しい生活」でした。揉めたわけではなく勤務地が変わるという理由でルームシェアを解消しています。

ただ、勤務地が変わる前からルームシェアを解消したいと思っていて、これはきっかけに過ぎません。おそらく互いがストレスを感じていたと思います。

主に解消したかった理由は以下3点です。

  • 生活スタイルが合わない
  • 在宅勤務で配慮が必要
  • 電気・水道を使いすぎ

生活スタイルが合わない

私は朝型で夜は0時までに寝て、7時に起きるタイプでしたが、友人は夜型で朝4時頃に寝て、8時に起きるタイプでした。

自称ショートスリーパーと語っていました

深夜の雑音で何度か起こされたことがあり、特に午前1時頃のシャワーは本当にやめてほしかったです。

在宅勤務で配慮が必要

コロナ禍でお互いが在宅勤務になり、会議は発する声を小さくして対応しました

別の会社なので友人の会議内容を聞こえないように、仕事中は一日中イヤホンをしていました。

一緒に住むことと仕事のストレスがダブルパンチで、ストレスの捌け口がなくなりました。

コロナ離婚が流行りましたが、それと同じような現象が起きていました。実はこれがルームシェアを一番解消したかった理由です。

電気・水道を使いすぎ

私は教育上、節水・節電を言われていきたので、かなり気にするタイプですが友人は真逆でした。

気になる部分でしたが、言ってどうこうなる問題ではないのと、小さい人間だと思われたくないので、胸の奥に感情を押し殺しました。

日に日にストレスが溜まっていきました

ルームシェアのやめどき

ルームシェアのやめどきに悩んでいる方は多いと思いますが、個人的にはやめたい時にすぐやめるべきだと思います。

人生一度きりなので、ストレスを抱えた生活を続ける必要はないと思います。お金の問題、友人との関係等があると思いますが、全てを捨てる覚悟でやめたほうがいいです。

私もそうでしたが、全てはルームシェアを安易に始めてしまったことが原因です

何かを決断するには何か代償が必要です。私はルームシェアを解消後、友人と一度も会っていません。会うつもりもありません。これが代償です。

それぐらいの覚悟を持って決断することをおすすめします。

ルームシェアのメリット・デメリット

ここからはルームシェアを経験して感じたメリット・デメリットを振り返ります。

メリット

メリットは以下4点です。

  • 初期費用や家賃が折半
  • 孤独じゃない
  • 多くのことを共有できる
  • 同棲難しさを学べる

初期費用や家賃が折半

転居にはお金がかかりますよ。ひとり暮らしでは、敷金・礼金、火災保険等で初期費用は30万円前後になります。

しかし、ルームシェアであれば初期費用が50万円でも、一人分の支払額は25万円です。家賃や光熱費も折半になるため月7万円以下でした

孤独じゃない

いつも修学旅行気分で過ごすことができます。

NHKの集金が来たら二人で撃退したり、二人でブログの運営をしていたので戦略会議をしていました。

あきお
語弊があるといけないので、テレビは持っていないです。

ひとり暮らしの場合、誰とも話さない1日があったりしますよね。しかし、ルームシェアをしている時は会話相手がいたので、孤独感は全く感じませんでした。

多くのことを共有できる

物の貸し借りもそうですが、好きなアニメを紹介したりしました。友人からはブログの運営方法を教えてもらいました。

今のフルタイムズがあるのはルームシェアをしたおかげなので、感慨深いです。違う視点の情報を日々共有できるので、「そういう考え方もあったのか」と気づかされる毎日でした。

同棲難しさを学べる

気心知れた幼馴染みでも他人であることは変わりません。ある程度ルールを決めておかないと十中八九揉めます。

私たちは、以下のルールを決めていました。

  • ごみ捨ては当番制
  • 料理も当番制
  • 帰宅時に連絡

ある程度ルールを決めていたからこそ、大きな揉め事なく過ごせたと感じます。

料理は交互に作りあっていたので、徐々に腕前が上がっていきました。友人に作るので手が抜けなく大変でしたが、今料理ができる理由はこの経験があったからだと感じます。

異性との同棲はもっと大変だと思いますが、前段階としていい経験でした。

デメリット

続いてデメリットは以下4つです。

  • 選択できる物件が少ない
  • 彼女や友達を招けない
  • スピーカーで音楽を聴けない
  • 話題がなくなる

選択できる物件が少ない

男同士のルームシェアを許可する大家は少なく、物件探しに苦労しました。間取りにも気を付けて、互いの部屋が隣同士にない物件を探しました。

あきお
契約前に「やっぱり、ルームシェアを許可できない」と白紙になったこともあります。

生活音が聞こえると徐々にストレスが溜まります。そのため、部屋の真ん中に共有スペースがあり、両サイドに個々の部屋がある物件を探しました。

彼女や友達を招けない

彼女や友達を連れてきても良いとお互い言っていましたが、連れてきたことは一度もありませんでした。

連れてきたらどういう雰囲気になるかなんとなく察しが付くからです。部屋の中に知らない誰かがいることは、友達や彼女が気まずいですよね

その結果、二人だけしか知らない愛の巣になり、会社の同僚からはゲイと間違えられることがありました。

スピーカーで音楽を聴けない

音楽の好みが異なるので、スピーカーでは音楽を流さないようにしていました。私は邦楽が好きですが、友人はヒップホップやKPOPが好きでした。

誰かと一緒に住むには配慮が必要ですね。お互いの趣味が近い方がいいです。

話題がなくなる

毎日顔を合わせているので、話題が少しずつなくなります。

食事の時は話題探しに必死で、毎日同じような話をしていました。友人とは無言に気まずさがありました。

無言でも気まずくない方なら問題ないと思います。

まとめ

楽しいこともありましたが、息苦しいことも数多くありました。しかし、色んな意味で成長できた1年間でした。

ルームシェアをしてどうだったか?というと、やってよかったです。人生をもう一度やり直せるなら、また同じようにルームシェアをすると思います。

私がルームシェアで身に付けたスキルは今のひとり暮らしでも大きく役立っています。例えば以下3点です。

  • 料理を作ること
  • 掃除・洗濯など、家事全般
  • 賃貸の契約方法

スキルが身につくように、人は成長とともに価値観も変わっていきます。ルームシェアをしたいときが始めどき、やめたい時がやめどきです。

タイミングさえ間違わなければ楽しいルームシェア生活が送れると思いまよ

あきお
閲覧ありがとうございました!
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします。
以上、あきお(@akio_furutimes)でした。
この記事が気に入ったらフォローしてね!