【FLEXISPOT E7レビュー】スタンディングデスクでテレワークに最適な環境をつくる!

どれだけ優れたデスクや椅子を揃えても、デスクや椅子の高さが自身の体型とミスマッチでは効果が薄くなります。

悪い場合だと、ミスマッチが原因で肩や首に疲労が溜まりやすくなったり…。

あきお
毎日使うデスクだからこそ、体型に合ったデスクを使いたいですよね。

私も体型に合うデスクを使いたいと思って、昨年に電動昇降デスク(FLEXISPOT EN1)を導入しました。

FLEXISPOTのEN1を設置したとき

高さを「71〜121cm」の間で変えられるので、体型に合ったデスクで作業ができると思いましたが、これが合わなかった。

椅子を高くしたり、姿勢を良くしたり、改善できそうなところは全て対応しましたが、やはりデスクが高くて肩や首に疲労感がありました。

そこで意を決して、電動昇降デスク(FLEXISPOT E7)を導入しました。

FLEXISPOTのE7を設置したとき

そんなわけで本記事は「FLEXISPOT E7」の組み立て方法や実際に使ってみた感想をまとめていきます。

良かった点
  • 駆動音が気にならない
  • タッチパネルが便利
  • デスクを適切な高さに調整できる
惜しい点
  • 組立てが大変
  • 配線整理が必須
  • 立ち作業時に揺れる
  • 対応天板は幅120〜210cm
FLEXISPOT(@FlexiSpot_JP)さんとご縁があり、レビュー・PR用に製品をご提供いただきました。感じたままに正直レビューしていきます。

FLEXISPOT E7の概要とスペック

E7」はFLEXISPOTが販売する電動昇降できるデスクの脚フレームです。

FLEXISPOT公式ページより

電動昇降の脚フレームの最上位モデルです。愛用していたEN1の後継にあたる「EF1」と特徴を比べてみます。

  • パネル → EF1:ボタン式, E7:タッチパネル式
  • 耐荷重 → EF1:70kg, E7:125kg
  • 最低高 → EF1:71cm, E7:60.5cm

最上位モデルだけあって機能面がアップグレードしています。中でも注目したい特徴は最低高。EF1は71cmでしたが、F7は60.5cmまで下げることができます

EN1(EF1)使用時の唯一の不満点は、71cmより下がらないことでしたから同じ不満を感じている方は刺さるポイントだと思っています。

特徴をもう少し詳しく比較すると以下の表の通り。全体的にアップグレードされています。

E7 脚フレーム EF1 脚フレーム
イメージ画像
パネルタイプ タッチパネル ボタンを押す
機能 メモリ・ロック・障害物検知機能 メモリ・障害物検知機能
耐荷重 125kg 70kg
足幅調整範囲 110〜190cm 85〜129cm
昇降範囲 60.5〜126cm 71〜121cm
脚段階 三段階(ピラミッド) 二段階(逆ピラミッド)
対応天板サイズ 幅120〜210cm、奥行60〜80cm、厚み≧2cm 幅100〜160cm、奥行50〜80cm、厚み≧2cm

※スマホは右にスライドできます。

E7 脚フレームには「FLEXISPOTの天板」を固定したり、自身で購入した天板を固定できます。ただ、対応天板サイズがEF1と変わっているので注意してください。

E7は幅120cm、奥行60cm、厚み2cm未満の天板は非対応

EN1(EF1)からE7に買い替える場合、同じ天板を使えない可能性があります。

私が今まで使っていた天板は「幅110cm、奥行50〜60cm、厚み4cm」なので、今回は「FLEXISPOTの天板」を使って組立てます。

あきお
さっそく開封していきます!

FLEXISPOT E7を組立てる

こちらが組立てるFLEXISPOT E7と天板(120 × 60cm)です。重量は30kgを超えていてリビングに運び込むので大変でした。

E7を開封してパーツを並べてみました。パーツは多くありませんが、個々のパーツが重いので並べるのも大変でした。

組立ての手順は図解されているのでわかりやすいです。それでは手順に沿って組立ていきます!

FLEXISPOTのE7の構築手順書

E7 脚フレームを組立てる

床を傷つけないように梱包用の段ボールを敷いて、E7 脚フレームを組立てます。

タイトル
  • STEP.1
    プレートの固定

    はしごのようなパーツが「ビーム」、2個あるパーツが「サポートプレート」です。

    FLEXISPOTのE7の組立の様子

    E7はビームに「モーター」が固定済なので、EN1のようにモーターを天板に固定する必要がありません。

    ビームとサポートプレートをネジで固定します。

    FLEXISPOTのE7の組立の様子2
    FLEXISPOTのE7の組立の様子3

    プレートの固定が完了した様子。

    FLEXISPOTのE7の組立の様子4

  • STEP.2
    支柱の固定

    昇降支柱をネジで固定します。

    FLEXISPOTのE7の組立の様子5
    FLEXISPOTのE7の組立の様子6

    昇降支柱の固定が完了した様子。モーターが左右の脚フレームにそれぞれ入っているので各々にケーブルが付いています。

    FLEXISPOTのE7の組立の様子7

  • STEP.3
    脚の固定

    脚をネジで固定します。

    FLEXISPOTのE7の組立の様子8
    FLEXISPOTのE7の組立の様子9

    脚の固定が完了した様子。ほぼ形になってきました。

    FLEXISPOTのE7の組立の様子10

E7にFLEXISPOTの天板を固定する

FLEXISPOTの天板を開封します。カラーはメープルを選びました。暖かい色味でナチュラルインテリアに合いそうです。

FLEXISPOTのメープル天板

木製のように見えますが、メラニン樹脂化粧板。木製のような加工が施されています。反対側の面にはネジ穴があります。

FLEXISPOTのメープル天板2

FLEXISPOTのリモコンは左右どちらにも固定できます。

FLEXISPOTのメープル天板3
FLEXISPOTのメープル天板4

この天板をE7 脚フレームに固定していきます。

ここからの作業はドリルが必須。
タイトル
  • STEP.1
    天板を固定

    天板のネジ穴と少しずれていたのでドリルで穴を開けました。

    FLEXISPOTの天板にネジ穴を開ける

    中央部もドリルでネジ穴を開けます。

    FLEXISPOTの天板にネジ穴を開ける3
    FLEXISPOTの天板にネジ穴を開ける4

    天板に脚フレームを固定した様子。ネジ穴を開ける必要があるのでドリルは必要です。

    FLEXISPOTのE7に脚フレームを固定した様子

  • STEP.2
    リモコンを固定

    リモコンを固定します。天板のネジ穴にピッタリでした。

    FLEXISPOT E7のリモコンを取付ける
    FLEXISPOT E7のリモコンを取付ける2
  • STEP.3
    ケーブルカバーを固定

    コントローラーにケーブルを差し込んだ様子。配線がかなり乱れています。

    FLEXISPOT E7の配線

    配線を隠すためのケーブルカバーがE7に付いています。固定していきます。

    FLEXISPOT E7にケーブルカバーを取付ける

    ネジを軽く締めてケーブルカバーをはめ込みます。完了後ネジを締めます。

    FLEXISPOT E7のケーブルカバーを取付ける2
    FLEXISPOT E7のケーブルカバーを取付ける3

    ケーブルカバーを固定した様子。「EN1」にケーブルカバーはなかったので地味に嬉しいです。

    FLEXISPOT E7のケーブルカバーを取り付けた様子

    デスクをひっくり返したら完成です。組立てには1時間半ほどかかりました。

    FLEXISPOT E7が完成したときの様子

ノートPCでも様になるデスク。ナチュラルな色味が部屋の雰囲気と合うので気に入りました。

また、最低高の60.5cmまで下げられる為、肘掛けとデスクの高さを揃えることも可能です。

FLEXISPOT E7を使用時の様子

FLEXISPOT公式のE7の組立て動画もぜひ参考にしてみてください。

【撮影の裏側】組立時のお部屋
このときの部屋の状況。デスクの入替えで活動スペースが全くありませんでした。

FLEXISPOT E7の組立時の様子

現在1Kの賃貸に住んでいますが、同じような方はスペースを確保してから作業することをおすすめします。

E7に一枚板を固定する

E7の対応天板サイズではありませんが、今まで使っていた天板に固定してみます。E7の幅が110cmだったのでギリギリ固定できそう。

タイトル
  • STEP.1
    天板を固定

    見ての通り、幅110cmの杉一枚なのでギリギリです。

    FLEXISPOT E7に杉一枚板を固定する

    天板に穴は開いていないのでドリルでネジ穴を開けます。

    FLEXISPOT E7に杉一枚板を固定する2

    ネジで固定します。

    FLEXISPOT E7に杉一枚板を固定する3

  • STEP.2
    リモコンを固定

    ネジ穴を開けてリモコンを固定します。

    FLEXISPOT E7に杉一枚板を固定する7

  • STEP.3
    ケーブルカバーを固定

    ケーブルカバーを固定して完成です。デスクの裏面が美しいです。

    FLEXISPOT E7に杉一枚板を固定する8

無事に固定できました。EN1を使っていた時と見た目は大きく変わりません。

FLEXISPOTのE7を設置したとき

幅110cmの天板でもギリギリ固定できることがわかりました。しかし、対応天板サイズではないので固定する場合は自己責任でお願いします

FLEXISPOT E7の良かった点

ここからはFLEXISPOT E7を2週間使ってみて良かった点をまとめていきます。良かった点は以下3点です。

  • デスクを適切な高さに調整できる
  • タッチパネルが便利
  • 駆動音が気にならない

デスクを適切な高さに調整できる

座り作業と立ち作業のどちらも体型に合う高さで作業ができるようになり、体への負担が軽減しました。

私の身長は175cmあって座り作業は67cm、立ち作業は104cmに設定しています。(天板の厚み4cmを除く)

EN1を使っていた時は座り作業を75cmに設定していて、体型に合っておらず、肩や首が常に張った状態になり、慢性的な肩こりに悩んでいました。

E7に変えてからはこの張った状態がなくなったので快適にPC作業を行えています

タッチパネルが便利

タッチパネルの反応の良さに驚きが隠せません。E7のタッチパネルは触れただけで反応します。昇降は上下ボタンを触るだけで可能です。

高さのメモリ機能もあって、「1と2、立ち作業のアイコン、座り作業のアイコン」の4つに好きな高さを記憶できます。上記ボタンを押すことで瞬時にその高さに昇降できます。

いくつか高さを設定すると高さを忘れてしまいますが、アイコンになっているので利便性が高いなと感じました

駆動音が気にならない

モーターが左右の脚フレームにそれぞれ入っている為、昇降時の駆動音を気にしていましたが、全く気になりませんでした。

昇降スピードは結構早いです。67cmから104cmまでは10秒程度で上昇します。その様子は以下動画にまとめてみましたので、チェックしてみてください。

こんな感じでスムーズに昇降できるようになったので、EN1を使っていた時よりも昇降する機会が増えました。最近は座り作業に疲れたら、気分転換の為に立ち作業をしています

また、動画にまとめた通り障害物検知機能がE7には備わっています。引っ掛かってもちょっと戻って停止してくれます。

あきお
万が一のことがあっても大惨事にはならないので安心できます。

FLEXISPOT E7の惜しい点

対してにFLEXISPOT E7を2週間使ってみて惜しいと感じた点は以下2点です。

  • 立ち作業時に揺れる
  • 配線整理が必須

立ち作業時に揺れる

他のFLEXISPOTの電動スタンディングデスクでも同じでしたが、立ち作業時にタイピングをするとモニターが左右に少し揺れます。

34インチのウルトラワイドモニターを置いているので、タイピングの振動が伝わりやすいのかなと感じています。

E7に変えれば改善するかなと思っていたので、惜しいなと感じたポイントです。ちなみに座り作業では横揺れは起きていません。

配線整理が必須

FLEXISPOT E7の大きな魅力である昇降が欠点となる部分が1つあります。それが配線問題。

立ち作業と座り作業の両方を考慮した配線環境を作成する必要があります。

私の環境でも立ち作業時にケーブルの長さが足りず、昇降時にケーブルが外れてしまう問題が何度も起きていました。

そこで導入した物がデスクに引っ掛けられるタイプのケーブル配線トレーです。

デスクの下に置いていた電源タップを見事にトレーの中に収納することができました。これで配線を気にすることなく、自由に昇降することができます。

同じような悩みを抱えている方はぜひ導入を検討してみてください。詳細は今後レビューいたします。

FLEXISPOT E7はどんな人におすすめ?

スタンディングデスクの購入を検討している方は、「自身の体型にあっているデスクの高さは何cmか?」を確認してみてください

71cm未満が合う場合は少し値は張りますが、E7を購入することをおすすめします!

当時を振り返ると立ち作業に憧れて一番お手頃なEN1を購入したことを覚えています。

あきお
自身の体型に合うデスクの高さなど考えたこともありませんでした。

高さを合わせようと椅子にクッションを敷いたり、効果な椅子に買い替えたり様々なことをしてきましたが、効果は小さかったです。

初めからE7を購入すれば良かったと後悔しています。

本記事を読んでくれた方には同じ後悔をして欲しくないので、下記サイトで自身の体型に合うデスクの高さは何cmかを調べてみてくださいね。

机と椅子の適切な高さを求める
机と椅子の適切な高さを求める
机と椅子の適切な高さを求める計算式

まとめ

今回は「FLEXISPOT E7」の組み立て方法や実際に使ってみた感想をまとめました。良かった点と惜しい点を振り返ると以下の通りです。

良かった点
  • 駆動音が気にならない
  • タッチパネルが便利
  • デスクを適切な高さに調整できる
惜しい点
  • 組立てが大変
  • 配線整理が必須
  • 立ち作業時に揺れる
  • 対応天板は幅120〜210cm

FLEXISPOT E7は組立てや配線整理が必要ですが、それが終わればこっちのもの。デスクの高さを「60.5〜126cm」で自由に調整できます。

60cm台まで下げられるので男女問わずおすすめです。また、シンプルな脚フレームなのでスッキリした雰囲気のデスクを構築できます

Twitterでも多くの反響を得ることができました。

気になった方は下記リンクから商品の詳細を確認してみてください。

あきお
閲覧ありがとうございました!
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします。
以上、あきお(@akio_furutimes)でした。

FLEXISPOTの関連記事

あわせて読みたい

引越しを機にインテリアや家電は変えたくなるもの。心機一転して再スタートしたくなりますよね。 デスクも例外ではなく、おしゃれなデスクに変えてみたり、「電動スタンディングデスク」を導入するのには丁度良いタイミングです。 […]

あわせて読みたい

座って作業をしてきた方は、スタンディング作業にどこか憧れがありますよね。 あきお システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。今回はときめく物を大切にする私がFLEXISPOTをしてレビューします。[…]

あわせて読みたい

このブログでは「ゆとりのある暮らしを見つける」をモットーにガジェットや生活について発信しています。

他の記事も読んでもらえたら嬉しいです。

あわせて読みたい

2021年は、まるで1週間のようでした。「2020年の買ってよかったもの10選」を書いたのが、1週間前のように感じられます。 今年も去年と同様に、システムエンジニア(SE)の私が「2021年にAmazonと楽天で買ってよかったもの10[…]

あわせて読みたい

早くも2021年の上半期が終わろうとしています。 あきお システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。ときめく物を大切にする私がまとめます。 気付けば社会人4年目で人生の岐路に立たされています[…]

あわせて読みたい

在宅勤務(テレワーク)で必要なものがあれば知りたいですよね。 あきお システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。在宅勤務2年目になりました。 今回は在宅勤務2年目の私が、在宅勤務で「これ買っ[…]

この記事が気に入ったらフォローしてね!