賃貸でも簡単原状回復!クッションフロアマットの貼り方【DIY】

DIY

おつかれさまです。あきおです。

今回は賃貸でも簡単に原状回復できる、クッションフロアマットの貼り方を紹介します。

先月引越しまして、その半日前にクッションフロアマットを貼り付けました。

あきお
ひとりで7帖の部屋に貼りましたが、2時間ほどで完成しました!

このように引越し前にも、急いで貼り付けられる方法を紹介していきます。

購入を検討している方は是非参考にして下さい。

購入したモノ

東リのクッションフロアマットを9.5m注文しました。金額は1万円もしませんでした。

このクッションフロアマットは横182cmなので、類似商品より注文する長さが短く済みます。

あきお
類似商品は横100cmのモノが多く、安さを求める人にはおすすめ!

欠点はあくまでマットということ。裏面がシールになっていません。

そのためホームセンターで養生テープを2本、強力な両面テープを2本買いました。

あきお
養生テープは原状回復のため、一番接着力がないもの選びます。

金額は1,500円程度で、マット代と合計して1万円です。7帖のシールタイプは2万円ほどかかるので安く揃えられました。

この購入したモノを使用して、フローリングを自分好みに変えていきます。

クッションフロアマットの貼付け方法

貼付け位置の決定

フローリングにフロアマットを貼付けるため、両面テープを使用します。

両面テープをフローリングに貼ると原状回復が難しいため、先に養生テープを貼ります。

部屋の周りと横方向に一定間隔で養生テープを貼りました。その上から両面テープを貼っていきます。

あきお
養生テープより幅が広いとはみ出るので、両面テープは狭いモノを選びました!

フロアマットの仮置き

フロアマットを仮置きして長さと位置を決めました。長さが足りなくならないよう、余裕を持たせています。

部屋に一旦配置してみました。カッターで切込みを入れ角に収まるようにしました。フロアマットが1.8mmと厚いので、大きいカッターで作業することをおすすめします。

あきお
小さいカッターで作業して1日中手が痛くなりました。

フロアマットの貼付け

部屋の中心から両端に向かって貼付けていきます。両面テープを剥がしてフロアマットを張付ける作業の繰り返しでした。

あきお
貼付け位置と仮置きがしっかりできていれば、すぐ貼付けできます。

貼付けが完了したら、余分な部分をカッターで削ぎ落として完成です。

フロアマットを貼付けることで、部屋の雰囲気が劇的に変化しました。

まとめ

今回は、賃貸物件でも原状復帰できるクッションフロアマットの貼付け方を紹介しました。

フロアマットを敷くことは、誰かが利用してきた無機質な部屋を自分好みに変身させる一番簡単な方法です。

フローリングのキズを心配しなくてよく、モノを自由に引きずることができます。

あきお
部屋のレイアウト変更が簡単にできます。

気になった方は是非チャレンジして下さい。

以上、おつかれさまでした。

あわせて読みたい

「落ち着ける空間」をテーマに、少しずつ模様替えしてきましたが、とうとうこの時が来た。 床を変える。 「20代の男部屋がこんなに変わるのか」というところを存分にお楽しみください。 貼って剥がせるフロアシート […]