【Betorcy】ペンダントライトでひとり暮らしを彩る

シーリグライトを利用した生活は悪くありませんが、なんか味気ないと感じる方は多いですよね。

あきお
25歳システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。ときめく物を大切にする私がペンダントライトを購入しました。

私もひとり暮らしを始めて2年間ほどシーリングライトを使ってきました。

シーリングライトを利用していて何不自由なかったのですが、ここ最近「なんか味気ない」と感じるようになりました。

そこで、思い切ってペンダントライトに変えてみました。

この記事では、シーリングライトからペンダントライトに変えてみて部屋の雰囲気がどのように変わったかを掴め、購入時の参考にできます。

なんか嫌だ、なんか好きなど、この「なんか」を大切にしたい。

Betorcy ペンダントライト

これが今回紹介するBetorcyのペンダントライトです。直径31cmのタイプを購入しました。雰囲気や質感が良く値段が張りそうですが、価格は3,000円程度です。

先月購入したモダンデコのスタンドライトを雰囲気を合わせるため、インダストリアル(工業的)なデザインの物を選びました。

あわせて読みたい

簡単にお部屋の雰囲気を変える方法があったら、知りたいですよね。 あきお 25歳システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。ときめく物を大切にする私が実際に購入してレビューします。 この記事では[…]

コードはかなり長めですが付属のコードストッパーを利用して調整可能です。

Philips Hue

Betorcyのペンダントライトは電球ソケットの口金サイズはE26です。

一般家庭で使われている照明器具の口金はほとんどが「E17」と「E26」の2サイズなので、安心して利用できます。

Bluetooth対応の電球が欲しいと思い「Philips(フィリップス) Hue ホワイトグラデーション」をあわせて購入しました。

後述しますが、Hueはスマホアプリでコントロールできます。アプリを利用してライトのON、OFFや調光調色が可能です。

あきお
ライトをスマホでコントロールしたかったので、ひとつ夢が叶いました。

ペンダントライトを取付ける

こちらがシーリングライトの状態のお部屋。このままでも十分好きな空間でしたが、なんか味気ないですよね。

早速、実際にシーリングライトを外して、ペンダントライトを取付けていきます。

まず、ペンダントライトにフィリップスのHueを固定します。

次にシーリングライトを外してペンダントライトを取り付けます。接続部分だけですが、雰囲気が違うことは明らかです

ものの数分もしないうちにペンダントライトの取り付けが完了しました。

コードの長さはちょうど中間ぐらいにしています。

部屋全体を明るくしたい方はペンダントライトの位置を高くして、一部部分を照らしたい方は低くすることがおすすめです。

気になる点が1つあって付属のコードストッパーを使うとコードが余ってしまい不恰好でした。そのため、以前紹介したケーブルホルダーを使ってまとめています。

あわせて読みたい

粘着性のあるケーブルホルダーを使って、配線環境を整理できるか気になりますよね。 あきお 25歳システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。3度、配線環境をアップデートしてきた男がついに終着点を見つけ[…]

こちらがペンダントライトの状態のお部屋。

モダンデコのスタンドライトと相まって、少しインダストリアル感を出せている気がします。

ライトを付けるとこのような雰囲気になります。明暗の差が生まれて空間が立体的に見えます。

とてもリラックスできる空間なので、読書やアニメ鑑賞などを愉しんでいます

手元はペンダントライト、部屋全体はスタンドライトで照らしているため、PC作業も問題なくできます。

あきお
自分好みの部屋にすることができました!

Philips Hueのアプリ

Hueはスマホアプリと連動することでコントロールが可能です。

少し分かりづらいですがHueは2つのアプリがあります。使い分けとしては以下の通り。

Hueアプリ Hueブリッジを持っている方が対象
Hue Bluetooth(BT)アプリ Hueブリッジを持っていない方が対象

まだ、Hueブリッジを導入していないため、Hue Bluetooth(BT)アプリを利用しています。

Hue BTを開くとデフォルトで「明るめ」などシーンに合わせた調光調色が可能です。

在宅勤務時は「集中する」にして、白色光の強い光にしています。また、読書やアニメ鑑賞の時は「読書をする」や「くつろぐ」にしています。

あきお
瞬時にシーンを切り替えられる点が気に入っています。

Hue BTは、Hueのライトを1部屋で最大10個までコントロールができます。私の場合、フロアライトのペンダントライトスタンドライトを登録しています。

しかし、ライトを一元管理でき楽になった反面、アプリを開かないとコントロールできないデメリットも存在しています。

ただ、Hueブリッジを導入すれば、Siriやアレクサなどの音声認識でライトをコントロールできるようなので今後導入を検討しています。

Philips公式
Philips公式
Hueアプリの概要はこちらから

まとめ

部屋の雰囲気を手っ取り早く変えたいときは、ライトを変えることがおすすめです。

今回のようにシーリングライトからペンダントライトは1つの選択になると考えています。

もし、今シーリングライトを使っていてなんか味気ないなと感じた方は、ぜひBetorcyのペンダントライトを検討してみてはいかがでしょうか。

あきお
閲覧ありがとうございました!
SNSのフォローや記事のシェアもぜひよろしくお願いします。
以上、あきお(@akio_furutimes)でした。

あわせて読みたい

当ブログでは「ゆとりのある暮らしを見つける」をテーマにインテリアやガジェットを発信しています。

ぜひ、こちらの記事もあわせて読んでみてください。

あわせて読みたい

簡単にお部屋の雰囲気を変える方法があったら、知りたいですよね。 あきお 25歳システムエンジニアのあきお(@akio_furutimes)です。ときめく物を大切にする私が実際に購入してレビューします。 この記事では[…]